夏まで間にあう!ダイエットコーヒーおすすめ3選タップしてみる

ハンドドリップで淹れたコーヒーがまずい…原因と対策まとめ

悩む人

ハンドドリップでコーヒー淹れてるんだけど、お店みたいな味じゃなくてまずい…
原因はなんだろう?
美味しく淹れる方法が知りたい!

今回はこんな悩みを解説していきますね。

この記事で分かること
  • ハンドドリップでコーヒーがまずくなる原因
  • ハンドドリップで美味しいコーヒーを淹れる方法

毎日ハンドドリップで、美味しいコーヒーを楽しんでいるザキ(@coffee_life_tr)です。

カフェで飲むような美味しいコーヒーを飲みたい!とハンドドリップに挑戦したけど、ぶっちゃけまずいと悩んでいませんか?

ザキ

昔の僕もなかなか味が安定せず悩んでました…

でも安心してください!

ハンドドリップで淹れたコーヒーが、まずくなる原因はちゃんとあります。

コーヒーがまずくなる原因が分かって、しっかりと対策すれば、カフェで飲むような美味しいコーヒーを淹れることができますよ。

ザキ

原因と対策を知って、美味しいコーヒーを淹れましょう!

それでは解説していきますね!

タップできるもくじ

ハンドドリップで淹れたコーヒーが、まずくなる7つの原因と対策

ハンドドリップで淹れたコーヒーがまずくなる原因は、主に以下の7つ。

  1. コーヒー豆の状態が悪い、古い
  2. コーヒードリッパーがあっていない
  3. コーヒー豆の粒度が均一でない
  4. お湯の温度があっていない
  5. 焙煎度合いがあっていない
  6. お湯の注ぎ方が雑
  7. 抽出時間が間違っている

それぞれ解説していきますね。

1.コーヒー豆のが古い(状態がわるい)

コーヒー豆

ハンドドリップコーヒーがまずいと感じたときに、まずチェックしたいのがコーヒー豆の鮮度です。

コーヒーは焙煎後から酸化がすすみ、日が経つにつれて味・香りが落ちていきます。

なので、焙煎から日にちが経ったコーヒー豆で淹れると、まずく感じてしまうことも…。

美味しく飲むには、焙煎から2週間〜1ヶ月が理想

お店によっては、焙煎からかなり日数が経ったものが販売されているケースもあるので注意が必要です。

ザキ

パッケージに焙煎日が書かれているかチェックしましょう!

また欠点豆が混入していて、そもそもコーヒー豆の状態がわるいこともあります。

欠点豆
焙煎時に形や色が変わってた豆で、味に悪影響を及ぼします。
焙煎にこだわったお店では、手作業で取り除いている。

ちなみに通販のコーヒー豆は、焙煎してすぐのコーヒー豆を届けてくれたり欠点豆を取り除いてくれたりと鮮度・状態が良くおすすめ。

当サイトおすすめのコーヒー豆は、【厳選】本当に美味しいコーヒー豆の通販おすすめ10選【美味しさで徹底比較】で紹介しています。

2.コーヒードリッパーがあっていない

コーヒードリッパー

実はコーヒードリッパーの素材には、適した焙煎度合いのコーヒー豆があります。

コーヒードリッパーの素材相性のいい焙煎度合い
セラミック(陶器)浅煎り
メタル(金属)浅煎り
ガラス製深煎り
プラスチック浅煎り・深煎りともに適している

上記のように焙煎度合いによって、適したコーヒードリッパーはかわってくるんです。

もしかしたらハンドドリップのコーヒーがまずいと感じるのは、ドリッパーと飲んでいるコーヒー豆のミスマッチがあるかからかも…。

ザキ

お使いのコーヒー豆の焙煎度合いと、ドリッパーをチェックしましょう!

当サイトおすすめのコーヒードリッパーは、【初心者向け】コーヒードリッパーおすすめ10選【ドリップのしやすさで厳選】で紹介しています。

3.コーヒー豆の粒度が均一でない

コーヒー粉

コーヒー豆を挽いたときに、粉の粒度がバラバラだとコーヒーはまずくなります。

また狙った粒度に挽けないと、思いどおりの味になりません。

  • コーヒー豆が粗すぎる:味が薄くなりやすい
  • コーヒー豆が細かすぎる:苦味・渋味が出やすくなる
ザキ

使っているコーヒー豆の粒度、挽き目をチェックしましょう!

コーヒー豆の粒度がバラバラになったり、狙った粒度に挽けないのは、コーヒーグラインダーの性能に左右されます。

いま使っているコーヒーグラインダーの精度がどうか確認してみましょう。

ちなみに当サイトおすすめのコーヒーグラインダーは、【初心者向け】コーヒーグラインダーおすすめ10選【選ぶポイントも解説】で紹介しています。

4.お湯の温度があっていない

コーヒーの湯温

お湯の温度とコーヒーの抽出力には、大きな関係があります。

お湯の温度抽出力味の特徴
高い強い苦味が強くなる
低い弱い酸味が強くなる

上記のように、抽出時のお湯の温度によって、コーヒーの味に大きな違いが出てきます。

特に雑味が強くまずいなぁと感じる場合は、湯温が高いケースが多いので注意してください。

ザキ

求める味と、お湯の温度があっているかチェックしましょう!

理想とする美味しいコーヒーを抽出するには、湯温を一定に保つのが大切。

温度計で湯温を計測しておくのもいいですが、温度調整つきの電気ケトルがすごく便利でおすすめです。

5.焙煎度合いがあっていない

お店で飲んだ味とハンドドリップで淹れた味が違うとき、もしかすると使っている豆のコーヒーの焙煎度合いが違うかも…。

  • 浅煎り:酸味が特徴
  • 中煎り:酸味と苦味のバランスが良い
  • 深煎り:苦味が特徴

自分の好みの焙煎度合いがどれか、またハンドドリップに使っているコーヒー豆がどの焙煎かをチェックしましょう。

ザキ

まずは自分の好みの焙煎を見つけるのが大事です

6.お湯の注ぎ方が雑

ハンドドリップ コーヒー

ハンドドリップ するときの、お湯の注ぎ方ひとつで味は大きく変わります。

やかんや太口ふとくちのケトルで“ドバァ〜”っと注いでしまうと、雑味の原因になってまずく感じることも…。

ハンドドリップ では、全ての粉がお湯とふれてしっかりと成分を抽出することが大切!

そのためには、細口のコーヒーポッドで狙った位置にしっかりとお湯を落とすのがポイント。

  • 1湯目:細いお湯で、ゆっくり粉にまんべんなく落とし、成分をしっかりと出す。
  • 2〜4湯目:1湯目より太いお湯で、粉とお湯が触れる時間を短くして、雑味を出さないようにする。
ザキ

クリアな味を求めるなら、専門のコーヒーポッドを持っておくと良いでしょう!

7.抽出時間が間違っている

ハンドドリップコーヒー

ハンドドリップするなら、抽出時間もしっかりと計らないとまずくなってしまいます…。

感覚で淹れてしまうと、ミスるのでしっかりと計測しましょう!

コーヒー豆を買うと、だいたいのお店はドリップレシピと呼ばれる、抽出時間と湯量を書いたレシピをくれるので、それを参考にドリップするのが間違いないです。

ザキ

抽出時間ひとつで、味が大きく変わるから不思議ですね!

まとめ:ハンドドリップでまずくなる原因を知って、美味しいコーヒーを淹れよう!

この記事では、「ハンドドリップで淹れたコーヒーがまずい…原因と対策まとめ」について書きました。

ハンドドリップでコーヒーがまずくなる原因は、主に以下の7つ。

  1. コーヒー豆の状態が悪い、古い
  2. コーヒードリッパーがあっていない
  3. コーヒー豆の粒度が均一でない
  4. お湯の温度があっていない
  5. 焙煎度合いがあっていない
  6. お湯の注ぎ方が雑
  7. 抽出時間が間違っている

上記7つに注意しながら、自分なりの抽出レシピを見つけて、美味しいコーヒーをドリップできるように目指しましょう!

今回は以上です。

どうも、コーヒー大好きザキ(@coffee_life_tr)でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
タップできるもくじ
閉じる