夏に間に合う!ダイエットコーヒーおすすめ5選タップしてみる

HARIO V60アウトドアコーヒーバックをレビュー!コーヒー器具をひとまとめで持ち運べる便利なバッグ

アウトドアでもコーヒーをドリップして飲んでいるザキ(@coffee_life_tr)です。

今回は、僕のコーヒータイムを快適にしてくれたHARIO「V60アウトドアコーヒーバッグ」をレビューしていきます。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグは、14Lと大容量でアウトドアでのハンドドリップに必要なコーヒー器具を、ひとまとめにできるコーヒー専用のバッグです。

そのためキャンプなどアウトドアでもコーヒーをドリップして飲みたい人にもってこいのアイテムです。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグの収納の様子

僕もこのコーヒーバッグを使うようになって、サッと持ち運んでして自然の中でコーヒーを飲めるようになって、コーヒータイムがかなり充実しました。

ザキ

2,000円ちょっとで手頃な価格なのも魅力的!

ありそうでなかったお気に入りのアイテムではあるんですが、もちろんデメリットも存在します。

そんなわけで今回はHARIO V60アウトドアコーヒーバッグについて、良い点はもちろん悪い点まで正直に紹介していきます!

タップできるもくじ

「HARIO V60アウトドアコーヒーバック」をざっくりレビュー

まずはHARIO V60アウトドアコーヒーバッグの概要などを、画像を使いながらざっくりとレビューしていきます。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグの収納の様子

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグの材質は、ポリエチレンテレフタレートで柔らかい手触りです。

柔らかい素材ながら厚みはあるので、コーヒー器具を保護してくれます。

ただ、どうしてもガラス製品の保護には弱く割れてしまう可能性があるので、ステンレスやプラスチック製のコーヒー器具をまとめるのに向いています。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグの外観

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグには、取手や肩掛けひもがついているので、持ち運びも簡単です。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグの持ち手
HARIO V60アウトドアコーヒーバッグの肩紐

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグの大きさは、A4サイズのクリアファイルよりもやや大きいサイズ感です。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグのサイズ感
A4ファイルとの比較

使わないときは、約1/3の高さに折りたためるので、省スペースにしまっておくことができます。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグを畳んだ様子
1/3に折りたためる

中の仕切りは、マジックテープでとめる仕様なので固定力はそれほど強くはないですが、コーヒー器具をスタッキングするには十分です。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグの仕切り

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグの容量は14Lと大きく、下記のコーヒー器具は全て入れることができます。

  • シングルバーナー
  • ドリップポット
  • ドリッパー
  • マグカップ
  • ドリップトレイ
  • スプーン
  • 手動コーヒーミル
  • ドリップトレイ
  • コーヒー豆
  • コーヒースケール
  • ペーパーフィルター
  • 小物類(キッチンペーパー、プラスチック袋など)
HARIO V60アウトドアコーヒーバッグに収納できるコーヒー器具

裏蓋には、ペーパーフィルターを入れる小袋がついています。

ただメッシュ式なので、湿気や水濡れには注意が必要です。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグのフィルター入れ

またこの裏蓋はジッパー式になっており、ここにコーヒー豆やコーヒースケールを入れることができます。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグに裏蓋収納

このように外でコーヒーを飲むための器具が全て収納できるので、アウトドアシーンでめちゃくちゃ大活躍してくれています。

外コーヒーの様子
外コーヒーの様子
ザキ

外で飲むコーヒーは、格別ですよ!

続いては、さらにくわしくHARIO V60アウトドアコーヒーバッグを紹介していきます。

「HARIO V60アウトドアコーヒーバッグ」の3つのメリット

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグに収納できるコーヒー器具

ここからはHARIO V60アウトドアコーヒーバッグのメリット(良いところ、長所)について紹介していきます。

実際に使ってみて感じたメリットは以下の3つです。

1.細かく収納できる

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグは、本体部分は5つに区切られているので、コーヒー器具同士がガチャガチャと接触せずに細かく収納できます。

仕切りによって中で器具が倒れたり・傾いたりする心配もなく、快適に運ぶことができます。

また裏蓋も2つに仕切ることができ、コーヒースケールやコーヒー豆を収納できる本格仕様で、よく考えられているなという印象。

これだけコーヒーのことを考えた専用のキャリーバッグはなかったので、使いやすさは抜群です。

ザキ

さすがコーヒー界のパイオニア・ハリオが作ったバッグと言える本格仕様

2.コスパが良い

コーヒー専用のバッグでありながら、値段は2,200円(購入時)とかなりお手頃です。

この価格帯であるため材質やデザインにチープ感は否めませんが、アウトドアでコーヒーを飲むためのバッグという点でみればコスパは良いです。

とりあえず外でコーヒーを飲むための道具がひとまとめで運べればOKという人には、ぴったりのアイテムと言えます。

3.使わないときは折りたためる

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグは、中の仕切りのマジックテープを外せば、高さ約1/3まで折りたためます。

なので外でコーヒーを飲む機会が少ないときは、折りたたんでしまっておけます。

場所を取らないので、省スペースに収納することが可能です。

「HARIO V60アウトドアコーヒーバッグ」の2つのデメリット

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグのタグ

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグは、メリットだけではなく、もちろんデメリット(悪いところ、短所)もあります。

1.器具によっては収納できない(しにくい)

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグは、「 HARIO outdoor 」シリーズの器具を収納するために作られたバッグです。

もちろん他のコーヒー器具でも収納できますが、器具によってはサイズが合わなかったりで収納できないことも…。

特にコーヒーポットは見極めが必要で、「メタルドリップケトル・ヴォ―ノ」のような500ml以下の小サイズじゃないと収納がしにくいです。

2.ガラス製品の収納には向かない

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグの材質は、ポリエチレンテレフタレートで厚みはあるものの柔らかい素材です。

そのためガラス製の器具は、固いものにぶつけてしまうと、割れてしまう危険性があります。

またガラス製など重たい器具だと、重みによってヨレたりゆがみが出る可能性もあります。

ザキ

収納する器具はしっかりと選ばないといけません

上記のようなデメリットが気になる人は、インスタでも話題のSTANLEY(スタンレー) クラシックランチボックスにしておくと良いでしょう。

ただこちらはコーヒー専用ではないので、仕切りなどはなく、どうしても器具同士がガチャガチャと接触してしまうのが難点です。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグと他社バッグの比較

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグと、他社バッグと比較してみました。

ちなみに他社からはコーヒー専用の持ち運びバッグは販売されていないので、代用としてインスタなどで人気のバッグと比較していきます。

アイテムメーカー容量/サイズ仕切りの有無素材価格タイトル
アウトドアバッグHARIO (ハリオ)14L
29 x 33 x 17 cm
ありポリエチレンテレフタレート2,200円詳細を見る
ランチボックスSTANLEY(スタンレー) 9.4L
33 x 16.5 x 25.4 cm
なし合金鋼8,788円詳細を見る
ユニットギアバッグ220snow peak(スノーピーク)36×25×22(h)cmありポリエステルなど7,678円詳細を見る

価格は2022年6月時点

比較表のとおり、HARIO V60アウトドアコーヒーバッグは価格面で他社のバッグを圧倒しています。

シンプルに外でコーヒーを飲むための道具がひとまとめで持ち運べればOKという人には、コスパの高いアイテムと言えます。

見た目を重視するならSTANLEY クラシックランチボックスが良いでしょうが、コスパ・機能面を重視するならV60アウトドアコーヒーバッグにしておくと間違いないです。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグの口コミ&評判

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグ口コミ・評判を、AmazonレビューやSNSで調べてみました。

残念ながら口コミ・評判はほぼなかったですが、唯一あったAmazonのカスタマーレビューが的を得た評価だったのでそれを紹介します。

もしかしたらHARIO OUTDOOR製品を入れる専用バッグなのかもしれない。

HARIOのアウトドアライン「HARIO OUTDOOR」からコーヒー道具を収納できるバッグ。
こういうのをコーヒーメーカーが発売してくれるの探してたんですよ。
以前見かけた某コーヒーショップとポーターのコラボバッグは高すぎたし。
HARIO OUTDOORのポットなど他製品もなかなか良かったけど、自分は別のドリッパー・ケトルを使っているしそれを収納できたら最高だと思い購入。
HARIO OUTDOORの商品は軽量で金属製なので入れても問題ないかもしれないが
それよりも重量のある道具(例えばガラス製サーバーとか)を入れたら素材が柔らかいので凹むというか、変によれちゃう。
もしかしたらHARIO OUTDOORの道具専用設計のバッグなのか???
だとしたら私の使い方が間違っているので申し訳ないが。
コーヒーのメーカーが道具をまとめて入れられるバッグを発売、というコンセプトは非常に良いけど
もう少し高値でも生地をもっと硬めのもので作って欲しかったなあ。
まあ2000円のバッグに文句言うことじゃないと思うけど笑。
ということで、もともと使っていたス〇ーピークのマルチコンテナに戻すことになりました。

Amazonカスタマーレビュー

上記のようにHARIO V60アウトドアコーヒーバッグは、「HARIO OUTDOOR」からコーヒー道具を持ち運ぶためのバッグです。

アリそうでなかったコーヒーアイテムですが、素材の問題や他製品も収納できる設計だとなお良しという評価。

とはいえ、2,200円でこの手のバッグが購入できるのはコスパが良いです。

素材の弱さや収納できる製品に制限がある点を受け入れるなら、かなりコスパの良いバッグです。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグはこんな人におすすめ

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグに収納できるコーヒー器具

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグがおすすめな人は、アウトドアでも美味しいコーヒーが飲みたい人におすすめです。

コーヒー器具がひとまとめに持ち運べる便利なバッグでありながら、2,200円とコスト面も優秀。

素材感や見た目にそれほどこだわりがないのなら、コスパの高いコーヒーバッグと言えます。

HARIO V60アウトドアコーヒーバッグのレビューまとめ

本記事では、「HARIO V60アウトドアコーヒーバックをレビュー!コーヒー器具をひとまとめで持ち運べる便利なバッグ」について書きました。

HARIO V60アウトドアコーヒーバックは、14Lな大容量かつ細かな仕切りつきで、ドリップに必要なコーヒー器具をひとまとめに収納できます。

コーヒー豆やスケールを収納することができる、コーヒーメーカーが考えた本格仕様のバッグになっています。

価格も2,200円とコスト面での優秀さも光るコーヒーラバー必須のアイテムです!

今回は以上です。

どうも、コーヒー大好きザキ(@coffee_life_tr)でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
タップできるもくじ
閉じる